FC2ブログ

☆*:.。. 京都りっぷ .。.:*☆

歴史好き・グルメ好きのcotoがみた、観光客目線の京都ガイド

蓮華寺 

DPP_0532.jpg

夏の終わりに…


じっくり秋の予定を考える

そんな贅沢な時間が待っています




-- 続きを読む --
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

圓光寺 

DPP_0354.jpg

春の風がここちよい

圓光寺さんのお庭









DPP_0355.jpg










DPP_0356.jpg










DPP_0357.jpg










DPP_0358.jpg










DPP_0359.jpg










DPP_0360.jpg










DPP_0361.jpg










DPP_0362.jpg










DPP_0363.jpg



こんなお庭を一人占め

さいこうやね







圓光寺のcoto
京都市左京区一乗寺小谷町13番地
075-781-8025
市バス5・北8系統「一乗寺下り松」停留所下車徒歩10分

山号は瑞巌山、開山は三要元佶(閑室)、開基(創立者)は徳川家康。
慶長6年(1601)徳川家康が国内教学の発展を図るため、下野足利学校第九代学頭・三要元佶(閑室)禅師を招き、伏見に圓光寺を建立し学校としたのがはじまり。
圓光寺学校が開かれると、僧俗を問わず入学を許した。また孔子家語・貞観政要など多くの書籍を刊行し、これらの書物は伏見版または圓光寺版と称された。
当寺には、出版に使用された木活字が現存しており、我国出版文化史上特筆すべき寺院であるといえるでしょう。
その後、圓光寺には相国寺山内に移り、さらに寛文7年(1667)現在の一乗寺小谷町に移転された。
明治以降は日本で唯一の尼僧専門道場であった。当時の禅堂が現存しており、現在は毎日曜早朝に一般居士を対象とした座禅会が開かれている。




thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

詩仙堂丈山寺 

DPP_0341.jpg

自分のまちにゆかりのある人のお寺があるなんて…

ちょっぴり優越感に浸れちゃう^_−☆









DPP_0330.jpg










DPP_0331.jpg










DPP_0340.jpg










DPP_0344.jpg










DPP_0334.jpg










DPP_0337.jpg











DPP_0342.jpg











DPP_0336.jpg











DPP_0343.jpg










DPP_0338.jpg










DPP_0335.jpg










DPP_0339.jpg



家康の怒りをかい、こころならずも隠居した石川丈山

丈山を思い、この庭をみていると…


なんとも切なくおもえます








詩仙堂丈山寺のcoto
京都市左京区一乗寺門口町27番地
075-781-2954
市バス5、北8系統『一乗寺下り松町』停留所下車徒歩5分

詩仙堂は正確には凹凸窠 (おうとつか) といい、でこぼこした土地に建てた住居という意味である。
江戸時代初期の文人石川丈山の山荘跡で、現在は曹洞宗の末寺でもあり丈山寺という。

この凹凸窠の中心に中国の漢晋唐宋の詩家三十六人の肖像を狩野探幽に描かせ、それら各詩人の詩を丈山自ら書いて四方の壁に掲げた詩仙の間から「詩仙堂」と呼ばれている。

石川丈山は徳川家仕える譜代の武士であり、平素から読書に親しみとくに詩を好んだ。
隠退後は藤原惺窩について朱子学をおさめ、駿河清見寺の説心和尚に禅を学び、五十九歳で詩仙堂を造営した。





thread: 愛知県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 6 | edit

法然院 

DPP_0249.jpg

春の若葉が白砂壇に彩りをそえる









DPP_0254.jpg










DPP_0250.jpg










DPP_0256.jpg










DPP_0252.jpg










DPP_0258.jpg










DPP_0253.jpg










DPP_0251.jpg










DPP_0255.jpg










DPP_0257.jpg



白砂壇でこころを清め…


思いに耽る、今日この頃です









法然院のcoto
京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30番地
075-771-2420
市バス5・203・204系統『浄土寺』下車徒歩10分

鎌倉時代に、法然上人が弟子の安楽・住蓮たちと共に六時礼讃行を修した鹿ヶ谷の草庵に由来。

いわゆる建永の法難により法然上人は讃岐国(香川県高松市)に流罪となり、草庵は久しく荒廃した。
江戸時代初期1680年(延宝8年)、知恩院の第三十八世萬無和尚が法然上人ゆかりの地に念佛道場を建立することを発願し、弟子の忍澂和尚により現在の伽藍の基礎が築かれた。
浄土宗内の独立した一本山であったが、1953年(昭和28年)に浄土宗より独立し、現在は単立宗教法人となっている。





thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 7 | edit

安楽寺 

DPP_0239.jpg

趣のある茅葺の山門に誘われて…









DPP_0242.jpg










DPP_0241.jpg










DPP_0240.jpg










DPP_0245.jpg










DPP_0244.jpg










DPP_0243.jpg










DPP_0246.jpg










DPP_0247.jpg










DPP_0248.jpg



隠れ道にひっそりと佇むお寺さん

新緑の青々とした力強さもいいけど…


ここでは散りゆくカエデをゆっくりと楽しみたいね








安楽寺のcoto
京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町21
075-771-5360
市バス5・203系統『真如堂前』下車徒歩10分

法然上人の弟子、住蓮上人と安楽上人を開基とし、「鹿ヶ谷草庵」を結んだのがこの寺のはじまり。

両上人が称える礼讃はすばらしく、後鳥羽上皇の女官、松虫姫と鈴虫姫が出家をされたそうです。
それを知った上皇は激怒し、住蓮上人は近江国馬淵(現在の滋賀県近江八幡市)で、安楽上人を京都六条河原(東本願寺近く)で斬首しました。この迫害はこれに止まらず、法然上人を讃岐国(香川県高松市)に流罪、親鸞聖人を越後国(新潟県上越市)に流罪にしました。これがいわゆる建永の法難です。

その後「鹿ヶ谷草庵」は荒廃するも、帰京された法然上人が両上人の菩堤を弔うために草庵を復興するように命ぜられ、「住蓮山安楽寺」と名付けられました。その後、天文年間に現在地に本堂が再建され、今日に至っている。

そんな悲話があるお寺さんです。
拝観料\500



thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

修学院離宮 

DPP_0044.jpg

春の修学院離宮








DPP_0045.jpg









DPP_0046.jpg









DPP_0047.jpg









DPP_0048.jpg










DPP_0049.jpg










DPP_0050.jpg









DPP_0051.jpg











DPP_0052.jpg










DPP_0053.jpg










DPP_0054.jpg










DPP_0055.jpg



京都市内を見渡せる広大な山荘

すがすがしい春もいいけど…


修学院離宮はやっぱり秋、秋ですよ☆







修学院離宮のcoto
京都市左京区修学院藪添
075-211-1215
市バス5系統『修学院離宮道』下車徒歩15分

南北朝時代に廃絶された修学院という寺の名前がこの地の始まり。
修学院離宮は上御茶屋(かみのおちゃや)、中御茶屋(なかのおちゃや)、下御茶屋(しものおちゃや)という3つの庭園からなり、面積は約54万㎡(東京ドーム16個分)に及ぶ。

上御茶屋と下御茶屋は後水尾上皇により、1655年から1659年にかけて江戸幕府が造営した離宮である。
中御茶屋は、後水尾上皇の皇女の御所として造営されたもので、1885年に修学院離宮に編入された。

現在は京都御所・桂離宮などとともに皇室用財産として宮内庁が管理している。
拝観料無料(要予約) 見学所要時間1:15程






thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

無鄰菴 

murinan1501_01.jpg

木漏れ日の無鄰菴








murinan1501_02.jpg










murinan1501_03.jpg










murinan1501_04.jpg










murinan1501_05.jpg










murinan1501_06.jpg










murinan1501_07.jpg










murinan1501_08.jpg










murinan1501_09.jpg



これが別荘だったなんて…


贅沢すぎるね







無鄰菴のcoto
京都市左京区南禅寺草川町31番地
075-771-3909
地下鉄東西線『蹴上』駅下車徒歩7分

無鄰菴は大正昭和の元老山形有朋が京都に造営した別荘である。
当初木屋町二条に別荘を構えるも、新しい地に好みの別荘を作りたいと考え明治27年、当地に無鄰菴を営んだ。

庭園は有朋自らが設計し、造園家・小川治兵衛が作庭したもので池泉を中心にした明治時代の代表的な庭園である。
建物は3棟からなり、明治31年建築の洋館では山形有朋、伊藤博文、桂太郎、小村寿太郎が日露戦争開戦直前の外交方針を決める『無鄰菴会議』が開かれた。

有朋没後は京都市に寄贈され、同市の管理になっている。



thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

天授庵 

tenjyuan1501_01.jpg

秋の喧騒とは無縁の

冬の天授庵

一枚だけRAW現像にチャレンジ








tenjyuan1501_02.jpg










tenjyuan1501_03.jpg










tenjyuan1501_04.jpg










tenjyuan1501_05.jpg










tenjyuan1501_06.jpg











tenjyuan1501_07.jpg










tenjyuan1501_08.jpg










tenjyuan1501_09.jpg










tenjyuan1501_10.jpg


華やかな季節とは裏腹に

ひっそりと参拝者を待つ天授庵も


また趣がありますね








天授庵のcoto
京都市左京区南禅寺福地町86-8
075-771-0744
市営地下鉄『蹴上』駅徒歩7分

臨済宗南禅寺派大本山・南禅寺の塔頭寺院。
1339年(歴応2年)光厳天皇の勅により南禅寺第15世虎関師錬が、南禅寺開山である大明国師(無関普門)の塔所として建立。
応仁の乱で焼失するも1602年(慶長7年)、細川幽斎によって再建。小堀遠州の案とされる枯山水の東庭、南北朝時代の面影を宿す池泉回遊式庭園の南庭がる。
拝観料\400 駐車場\1000



thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

平安神宮 神苑 ~2015 初詣~ 

heianjingu1501_01.jpg

今年の上洛初めはここ、平安神宮の初詣から

改めまして、あけましておめでとうございます^ ^










heianjingu1501_02.jpg










heianjingu1501_03.jpg










heianjingu1501_04.jpg










heianjingu1501_05.jpg










heianjingu1501_06.jpg










heianjingu1501_07.jpg










heianjingu1501_08.jpg










heianjingu1501_09.jpg










heianjingu1501_10.jpg










heianjingu1501_11.jpg










heianjingu1501_12.jpg










heianjingu1501_13.jpg










heianjingu1501_14.jpg










heianjingu1501_15.jpg


雪の神苑は驚くほどの静寂

大雪に見舞われたお正月の京都だけど、雪もやんでちょっと得した気分^ ^


今年もよろしくお願いいたします。






平安神宮のcoto
京都市左京区岡崎西天王町97
075-761-0221
市バス5•46•100系統『岡崎公園美術館•平安神宮前』停留所下車徒歩1分

1895年(明治28年)に平安遷都1100年を記念して、平安遷都を行った第50代桓武天皇を祀る神社として創建された神宮。皇紀2600年にあたる1940年(昭和15年)には、平安京で過ごした最後の天皇である第121代孝明天皇が祭神に加えられた。
神苑は東•中•西•南に区分され3万㎡の広さを誇る。明治時代の代表的な庭園として国の名勝に指定されている。
毎年10月22日に開催されている京都三大祭のひとつの時代祭は、ここ平安神宮の大祭である。
神苑拝観料 \600




thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

真如堂(真正極楽寺)&栄摂院 〜2014 紅葉〜 

shinnyodo1411_01.jpg

今年の秋ともそろそろお別れ

それにしても、別れを惜しむように人・人・人でした










shinnyodo1411_02.jpg









shinnyodo1411_03.jpg









shinnyodo1411_04.jpg









shinnyodo1411_05.jpg









shinnyodo1411_06.jpg









shinnyodo1411_07.jpg








真如堂からちょこっと歩いて…

栄摂院さんへ

eisyoin1411_01.jpg

ひっそりと…








eisyoin1411_02.jpg










eisyoin1411_03.jpg



さぁ紅葉もラストスパートです☆

てかもう冬だね^ ^







真如堂のcoto
京都市左京区浄土町真如町82
075-771-0915
市バス5・93・203・204系統『真如堂前』徒歩8分

正式には鈴聲山(れいしょうざん)真正極楽寺といい、比叡山延暦寺を本山とする天台宗の寺院。
永観2年(984年)、比叡山の戒算上人が、比叡山常行堂のご本尊阿弥陀如来を東三條女院の離宮があった現在地に移して安置したのがはじまり。
その後、一條天皇の勅願寺となり、また不断念仏の道場として、浄土宗の開祖法然上人や浄土真宗の開祖親鸞聖人をはじめとする多くの念仏行者、多くの民衆の厚い信仰を集め、特に女人の非常に深い帰依を得てきた。
拝観料\500


栄摂院のcoto
京都府京都市左京区黒谷町33
市バス32・93・100・203・204系統『岡崎道』下車徒歩10分

金戒光明寺の塔頭寺院。
拝観料 志納




thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 9 | edit