FC2ブログ

☆*:.。. 京都りっぷ .。.:*☆

歴史好き・グルメ好きのcotoがみた、観光客目線の京都ガイド

高桐院 ~2015 睦月~ 

kotoin1501_01.jpg

雪の高桐院がお寺初め

ここが貸し切りなんて夢のよう☆










kotoin1501_02.jpg










kotoin1501_03.jpg










kotoin1501_04.jpg










kotoin1501_05.jpg










kotoin1501_06.jpg










kotoin1501_07.jpg










kotoin1501_08.jpg










kotoin1501_09.jpg










kotoin1501_10.jpg










kotoin1501_11.jpg



真っ白な雪がすべての雑念をかき消している

そんな気がします…










高桐院のcoto
京都市北区紫野大徳寺町73-1
075-492-0068
市バス204・205・206系統等『建勲神社前』下車徒歩7分

臨済宗大徳寺派の大本山大徳寺の塔頭寺院。開基(創立者)は細川忠興(三斎)、開山(初代住職)は玉甫紹琮(ぎょくほじょうそう)である。玉甫紹琮は細川忠興の父、細川藤孝(幽斎)の弟にあたる。
細川忠興(三斎)は織田・豊臣・徳川の時代に一貫した精神で身を処した戦国時代きっての智将で、利休七哲のひとりとして知られる。
本堂西側庭園奥には細川忠興とガラシャの墓塔となっている春日灯籠がある。




スポンサーサイト



thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 8 | edit

コメント

こんにちは♪

雪の高桐院ですか・・・。

震撼として、すべての雑念が消えてしまう感じがしますね。

モノクロの世界に赤い南天がポイントになっていて、素敵ですね!!

3枚目と6枚目は、額に入った絵のようですね。

梅サクラ #zwRScLrQ | URL | 2015/01/14 16:41 * edit *

こんばんわ~。通し矢の件です

初めまして~^^、RevoirのDimaです。私のブログにようこそお越しくださいました。次の週末には通し矢ですね。挑戦されますか!なかなか手ごわいですよ~(^^)
ではかいつまんでお知らせしますね。

まず朝行くと表向き、選手は中には入れますが、それ以外は決められた時間(9時だったかな?)まで入れないことになっていますが、気にせずズカズカと入っていって大丈夫です。
朝は可能な限り早く行くのが吉です。一番前を陣取ろうとするなら朝6時は現着ですね。それでも既にカメラマンはいると思います。

私は8時過ぎに行ったので全く近づくことも出来ませんでした。

撮影場所ですが、ブログの撮影位置辺りが一番写真の納まりが良いかと思います。
現場には消火栓があり、その辺りです。これは行けばわかります。

運よく一番前や2列目辺りに行くことが出来ればけっこう余裕を持って撮影できます。
撮影そのものは何十組もあるので撮りまくればOKかと。
ただし、これほど前に位置に陣取ると、そこからの離脱は困難どころかまず無理です。
相当な根性出して掻き分けて離脱するか、あきらめて最後までそこにいるか。一度離れると二度と元の場所には戻れません。

逆に、遅い時間に行くと絶望とも思える人垣が出来ています。
ここは我慢してじわりじわりと時間をかけて一歩でも前にもぐり込みましょう。

そこから最前列に行くのは100%不可能なので、適当なところで腹を決め、そこで撮影となります。被写体を視界に入れることは

まず不可能と考えてください。その場でカメラを高く上げてノーファインダーで連射です。また、おそらく上げた手を下ろすのもままならない状態なので、握力や腕の筋肉の消耗は覚悟してください。

画各は多少広めに撮って、あとでトリミングと割り切りましょう。
ある程度現場にいると、選手の入れ替え、弓矢のセットアップ、構え、打つ、のリズムを周りの空気から分かるようになります。ウソのように思えますがホントです。
なのでそれに合わせて何となくそっちのほうにレンズを向けて撮りまくります。

射場だけでなく、他の様子も撮りたければ後者の方法がいいと思います。

以上、長くなりましたがこんな感じです。

私は今年は残念ながら行けません・・・。


では頑張ってくださいね~。行かれたらぜひ写真、見せてください(^^)!

あと、また何か質問があればいつでも書き込んでくださいね~

Dima #mQop/nM. | URL | 2015/01/15 00:41 * edit *

初めまして。いつも京都の様子見せていただき楽しんでいます。
紅葉の高桐院には行きましたが、雪の高桐院に行ったことがないです。まさに汚れなき庭って感じでいいですね。

よたろう #- | URL | 2015/01/15 18:48 * edit *

梅サクラ様へ

こんばんは

雪の高桐院さん、とっても静かでした

みなさん初詣で神社に参拝に行くせいかとっても空いていましたよ

紅葉時とは大違いですね

バランス的には3枚目の方が好きかな^ ^


coto #- | URL | 2015/01/15 22:35 * edit *

こんにちは。
お写真より、雑念を振り払われる思いがしみじみ伝わってまいりました。
南天がお庭の風情を更に際立たせて素敵ですね^^

tana #BWgGc7Fk | URL | 2015/01/16 11:03 * edit *

Dima様へ

おはようございます

わざわざこちらにコメントをいただきありがとうございます

しかもこれだけ詳細にご案内もしていただき感激です^^

三十三間堂の通し矢ですが、ホント大変な撮影ですね。わたしが昨年行った流鏑馬よりも混雑はすごそうです

朝早くから行かないといけないし、しかも厳冬となるとやっぱり躊躇してしまいます

たぶんこちらに行ってしまうと、他のお寺などには行けなさそう

明日開催ですが、ちょっと難しそうです

せっかく丁寧にコメントいただいたのに申し訳ないですm(__)m

これからもよろしくお願いいたします


coto #- | URL | 2015/01/17 05:17 * edit *

よたろう様へ

おはようございます

コメントありがとうございます

わたしも昨秋こちらにおじゃましました。紅葉には少し早かったですが…

冬は人も少なく、ゆっくりお寺さん巡りができていいですよね

京都の寒さだけ難点ですが(笑)


coto #- | URL | 2015/01/17 05:20 * edit *

tana様へ

おはようございます

雪がすべてを掻き消しているって印象です

とっても静かでこころが洗われますね

毛氈などの赤色は大好きな色です^^


coto #- | URL | 2015/01/17 05:23 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cotokyoto.blog.fc2.com/tb.php/116-24015785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)