☆*:.。. 京都りっぷ .。.:*☆

歴史好き・グルメ好きのcotoがみた、観光客目線の京都ガイド

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

鹿王院 

DPP_0472.jpg

緑のトンネルのなかで心を落ち着かせます









DPP_0478.jpg










DPP_0474.jpg










DPP_0481.jpg










DPP_0475.jpg










DPP_0476.jpg










DPP_0477.jpg










DPP_0480.jpg










DPP_0470.jpg










DPP_0471.jpg










DPP_0473.jpg










DPP_0479.jpg




毎日暑い日がつづきますが

縁側でもの思いに耽っているときに吹く風はなんとも心地いいですね


京都では日頃の疲れを癒す空間が待ってます







鹿王院のcoto
京都市右京区嵯峨北堀町
075-861-1645
JR嵯峨嵐山駅下車徒歩10分

足利三代将軍義満を開基、義満の師である普明国師を開山とする臨済宗系の単立寺院。山号は覚雄山と称する。

鹿王院は義満が24歳の時に寿命を延ばすことを祈願して創建した宝幢寺の塔頭寺院。
宝幢寺は京都十刹第五の名刹であったが応仁の乱で廃絶し、鹿王院のみが残った。

寛文年間には徳川四天王•酒井忠次の子、忠知に再興された。
現在の堂宇は酒井忠知の子・虎岑和尚の再興によるものである。




関連記事
スポンサーサイト
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

法金剛院 

DPP_0485.jpg

蓮の花

蝉時雨










DPP_0487.jpg










DPP_0490.jpg










DPP_0492.jpg










DPP_0486.jpg










DPP_0482.jpg










DPP_0483.jpg










DPP_0484.jpg










DPP_0489.jpg










DPP_0493.jpg










DPP_0491.jpg










DPP_0488.jpg





こちらで蓮の花を見ようと去年から決めていたわたし


猛暑のなか、今夏初めてきく蝉の声をききながら

やっぱり来て良かったな、と思ってます☆








法金剛院のcoto
京都市右京区花園扇野町49
075-461-9428
JR花園駅下車徒歩3分

律宗・唐招提寺に属する寺院で、山号を五位山と称する。開基は待賢門院とされる。
平安時代初め、右大臣の清原夏野の山荘があった旧跡を、1130年鳥羽天皇の中宮待賢門院が再興した。
昭和に復元された庭園は大苑池を中心とした池泉回遊式庭園で、春には待賢門院ゆかりの桜、夏には世界各地より集められた蓮の花が見事に咲き乱れる。
また西行をはじめ多くの歌人が歌を残している。




関連記事
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

長刀鉾 曳き初め ~2015 祇園祭~ 

DPP_0461.jpg


酷暑の京都(>_<)

祇園祭のくじ取らず、長刀鉾の曳き初めに行ってきました。なんでも厄払いになるとか…


祇園囃子もとっても癒されます(^O^)









DPP_0468.jpg









DPP_0465.jpg










DPP_0464.jpg










DPP_0462.jpg










DPP_0463.jpg










DPP_0469.jpg










DPP_0467.jpg










DPP_0466.jpg



京の夏の風物詩


祇園囃子が涼しい風をはこんできてくれるとなお嬉しい(^o^)









祇園祭のcoto

祇園祭は京都市東山区の八坂神社(祇園社)の祭礼で、明治までは「祇園御霊会(御霊会)」と呼ばれていた。
葵祭、時代祭とともに京都三大祭の一つに数えられ、また日本三大祭の一つとして2009年にはユネスコ無形文化遺産に登録された。

平安時代の貞観年間、京で疫病が流行した際、広大な庭園だった神泉苑に当時の国の数にちなんで66本の鉾を立て、祇園の神(スサノオノミコトら)を迎えて災厄が取り除かれるよう祈ったことが始まりとされる。
応仁の乱で祭りは途絶えたが、1500年に町衆の手で再興された。以後、中国やペルシャ、ベルギーなどからもたらされたタペストリーなどを各山鉾に飾るようになった。これらの懸装品の豪華さゆえに、山鉾は「動く美術館」とも呼ばれる。

江戸時代にも火災に見舞われたが、町衆の力によって祭りの伝統は現代まで守られている。

山鉾巡行は本来、神輿渡御に伴う「露払い」の位置づけで、神幸祭に先立つ「前祭」と還幸祭の「後祭」がある。
高度成長期以来、交通渋滞や観光促進を理由に前祭と後祭の合同巡行が続いていたが、祭り本来の形を取り戻そうと分離が決定。2014年に約半世紀ぶりに後祭の山鉾巡行が復活した。




関連記事
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 12 | edit

祇園祭へのお誘い♪ 

DPP_0460.jpg



今年も届いた京都へのお誘い☆

それにしてもとっても暑いですね(>_<)

もしかしてこれって梅雨明けなのかな…

去年、夏の京都に行ってバテてしまったことを思い出すと、そう簡単に行こうとは思えず躊躇してしまっているわたし。

でもその時もあとになって後悔しちゃったんだよな~


ん~とっても悩みます、はいσ^_^;





関連記事
thread: 愛知県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

祇王寺 

DPP_0403.jpg

明と暗
陰と陽









DPP_0406.jpg










DPP_0405.jpg










DPP_0407.jpg











DPP_0408.jpg










DPP_0404.jpg










DPP_0409.jpg



新緑の五月晴れのある日


祇王寺は緑一色でした








祇王寺のcoto
京都市右京区嵯峨鳥居本小坂32
075-861-3574
市バス28・91系統『嵯峨釈迦堂前』停留所下車徒歩15分

真言宗大覚寺派の寺院で、旧嵯峨御所大覚寺の塔頭寺院。山号は高松山、院号は往生院と称する。

浄土宗法然上人の門弟良鎮によって創建された往生院を引き継ぎ、今日に至っている。
『平家物語』にも登場し、清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が清盛の心変わりにより都を追われ、母と妹とともに出家・入寺した悲恋の尼寺として知られる。

明治時代の初期には一時廃寺となったが嵯峨大覚寺の支配を受け真言宗に改宗、明治38年に富岡鉄斎らの尽力もあり復興を遂げた。
拝観料\300





関連記事
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 6 | edit

初蓮 

DPP_0449.jpg

みつばちといっしょに蓮あそび









DPP_0450.jpg










DPP_0451.jpg










DPP_0452.jpg











DPP_0453.jpg










DPP_0454.jpg










DPP_0455.jpg










DPP_0456.jpg










DPP_0457.jpg










DPP_0458.jpg










DPP_0459.jpg




こんなふうに遊んでいると


どれが本物か分からなくなっちゃうね










関連記事
thread: 愛知県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

オ・タン・ペルデュ 

DPP_0448.jpg



疎水沿いのオープンテラスのあるお店でみつけたタルト。

ランチでおなかいっぱいになっちゃったんで食べなかったけど、とっても美味しそうだったので写真だけいただいてきました。


がっしり焼き込んだタルト生地に一目惚れ(≧∇≦)

でも…

味はわかんないですけどねσ^_^;


こんどテラス席で食べてみたいな。









オ・タン・ペルデュのcoto
京都市左京区岡崎円勝寺町64-1
075-762-1299
市バス5・32・46・100系統『京都会館美術館前』停留所下車徒歩5分





関連記事
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

圓光寺 

DPP_0354.jpg

春の風がここちよい

圓光寺さんのお庭









DPP_0355.jpg










DPP_0356.jpg










DPP_0357.jpg










DPP_0358.jpg










DPP_0359.jpg










DPP_0360.jpg










DPP_0361.jpg










DPP_0362.jpg










DPP_0363.jpg



こんなお庭を一人占め

さいこうやね







圓光寺のcoto
京都市左京区一乗寺小谷町13番地
075-781-8025
市バス5・北8系統「一乗寺下り松」停留所下車徒歩10分

山号は瑞巌山、開山は三要元佶(閑室)、開基(創立者)は徳川家康。
慶長6年(1601)徳川家康が国内教学の発展を図るため、下野足利学校第九代学頭・三要元佶(閑室)禅師を招き、伏見に圓光寺を建立し学校としたのがはじまり。
圓光寺学校が開かれると、僧俗を問わず入学を許した。また孔子家語・貞観政要など多くの書籍を刊行し、これらの書物は伏見版または圓光寺版と称された。
当寺には、出版に使用された木活字が現存しており、我国出版文化史上特筆すべき寺院であるといえるでしょう。
その後、圓光寺には相国寺山内に移り、さらに寛文7年(1667)現在の一乗寺小谷町に移転された。
明治以降は日本で唯一の尼僧専門道場であった。当時の禅堂が現存しており、現在は毎日曜早朝に一般居士を対象とした座禅会が開かれている。




関連記事
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。