fc2ブログ

☆*:.。. 京都りっぷ .。.:*☆

歴史好き・グルメ好きのcotoがみた、観光客目線の京都ガイド

沙羅の花を愛でる会 東林院 

torin1406_01.jpg

名古屋では今年なかなかお目にかかれない梅雨空に…


京都で出会うことができました。







torin1406_02.jpg

艶やかな沙羅を愛でる会はやっぱり雨がお似合いです。







torin1406_03.jpg








torin1406_04.jpg








torin1406_05.jpg








torin1406_06.jpg








torin1406_07.jpg








torin1406_08.jpg








torin1406_09.jpg








torin1406_10.jpg








torin1406_11.jpg

祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす…








torin1406_12.jpg








torin1406_13.jpg

あたらしい命も芽吹いてきています。




臨済宗妙心寺塔頭 東林院のcoto
京都市右京区花園妙心寺町59
075-463-1334
JR花園駅下車徒歩10分

臨済宗妙心寺の塔頭の一つ。樹齢300年の沙羅双樹の銘木で知られ、通称は沙羅双樹の寺。
享禄4年室町幕府の最後の管領、細川氏綱が養父細川高国の菩提を弔うために建立した「三友院」が起源。上京清蔵口の細川家邸宅(現在の京都市上京区)内にあった。
弘治2年、細川高国の孫である山名豊国が開基となり、寺基を妙心寺山内に移して再興。開山は妙心寺第51世直指宗諤(じきしそうがく)。 寺名を「東林院」と改め、以来山名氏の菩提寺となった。
拝観料 ¥1600(抹茶・菓子付)




関連記事
スポンサーサイト



thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 6 | edit