☆*:.。. 京都りっぷ .。.:*☆

歴史好き・グルメ好きのcotoがみた、観光客目線の京都ガイド

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

半夏生庭園の特別公開 両足院 

ryosoku1406_01.jpg

泣き出しそうな初夏の空

半夏生がいきいきとしています。










ryosoku1406_02.jpg










ryosoku1406_03.jpg










ryosoku1406_04.jpg










ryosoku1406_05.jpg










ryosoku1406_06.jpg










ryosoku1406_07.jpg










ryosoku1406_08.jpg










ryosoku1406_09.jpg


夏至の日から数えて11日目にあたる「雑節」が半夏生。

わずか5日くらいの日を指すそうです。


はかないですね…








臨済宗大本山建仁寺塔頭 両足院
京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町591
075-561-3216
市バス206・100系統「東山安井」下車徒歩3分

650余年前に建仁寺第35世龍山徳見禅師を開山として創建された臨済宗建仁寺派の塔頭寺院である。
創建された当時は「知足院」と称していたが、室町時代の再建にあたり、仏の別号「両足尊」にちなみ、現在の名前に改称した。改称に関しては諸説あるが一説として、時の天皇・後奈良天皇の諱名「知仁」に触れた事が原因とされている。
両足院は、室町時代中期まで霊源院と共に「五山文学」の最高峰の寺院であった。江戸時代に入っても10世雲外東竺など当院の住持が、五山の中で学徳抜群の高僧に与えられ最高の名誉とされる「碩学禄」を授与されたこともあり「建仁寺の学問面」の中核を担っていた。
初夏には緑豊かな庭園に白く化粧を施す様子から、「半夏生の寺」と呼ばれている。
拝観料 ¥600




関連記事
スポンサーサイト
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

沙羅の花を愛でる会 東林院 

torin1406_01.jpg

名古屋では今年なかなかお目にかかれない梅雨空に…


京都で出会うことができました。







torin1406_02.jpg

艶やかな沙羅を愛でる会はやっぱり雨がお似合いです。







torin1406_03.jpg








torin1406_04.jpg








torin1406_05.jpg








torin1406_06.jpg








torin1406_07.jpg








torin1406_08.jpg








torin1406_09.jpg








torin1406_10.jpg








torin1406_11.jpg

祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす…








torin1406_12.jpg








torin1406_13.jpg

あたらしい命も芽吹いてきています。




臨済宗妙心寺塔頭 東林院のcoto
京都市右京区花園妙心寺町59
075-463-1334
JR花園駅下車徒歩10分

臨済宗妙心寺の塔頭の一つ。樹齢300年の沙羅双樹の銘木で知られ、通称は沙羅双樹の寺。
享禄4年室町幕府の最後の管領、細川氏綱が養父細川高国の菩提を弔うために建立した「三友院」が起源。上京清蔵口の細川家邸宅(現在の京都市上京区)内にあった。
弘治2年、細川高国の孫である山名豊国が開基となり、寺基を妙心寺山内に移して再興。開山は妙心寺第51世直指宗諤(じきしそうがく)。 寺名を「東林院」と改め、以来山名氏の菩提寺となった。
拝観料 ¥1600(抹茶・菓子付)




関連記事
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 6 | edit

あじさいのお寺 本光寺 

honkoji1406_12.jpg

日本の梅雨の時期を彩る、色とりどりの紫陽花。

でもことしの梅雨はなんだかおかしいみたい。







honkoji1406_01.jpg







honkoji1406_02.jpg

あじさいの色は土壌の質によって変わるんですってね。






honkoji1406_03.jpg







honkoji1406_04.jpg







honkoji1406_05.jpg







honkoji1406_06.jpg







honkoji1406_07.jpg







honkoji1406_08.jpg







honkoji1406_09.jpg







honkoji1406_10.jpg







honkoji1406_11.jpg







honkoji1406_13.jpg



晴れた日のあじさいもいいけど、

しとしとと雨が降る日のあじさいもまた季節を連想していいですね。


あ、あと私は雨にご縁がありますが梅雨はニガテです(笑)





本光寺
愛知県額田郡幸田町大字深溝内山17
0564-62-1626

山号を瑞雲山(ずいうんさん)と称する曹洞宗の寺院。
1523年(大永3年)に深溝松平家の初代当主松平忠定によって開基された深溝松平家の菩提寺。
希聲英音によって大洞山泉龍院の末寺として開山。転封により深溝松平家が島原藩に移ったのちも、歴代藩主の遺体は本光寺に運ばれて埋葬された。本尊は釈迦如来像、脇士の地蔵菩薩像と千手観音像は運慶作と伝わる。
西廟所の一角に置かれた願掛け亀は首のところには窪みがあり、ここに柵の外から賽銭を投げ入れ、うまく賽銭が入ると願い事がかなうといわれている。参拝の時には一度試してみては。





関連記事
thread: 愛知県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

素材の力を堪能 柳家 

yanagiya1406_01.jpg

某グルメ評価サイト全国一位。四季を通じて訪問したい郷土料理の柳家さん。
春は山菜、夏は天然の鮎やうなぎ、秋は松茸、冬は鴨づくしなどその季節の旬のものがいただけるなんて、なんて贅沢なの!?

そしてこちらのお店の凄さはなんといっても素材、素材の力です。
素材がすべて天然なんですよ~。日本各地の食通を魅了してやまないのもわかる気がします。







yanagiya1406_02.jpg

付知川の天然鮎
郡上の天然鮎はもう少しあと。

顔こわっ(笑)
縄張りを持つ鮎は元来意地の悪い魚なんですって。








yanagiya1406_03.jpg

イノシシ
この脂身なんだけど全然くどさは感じません。これもジビエという素材の力。







yanagiya1406_04.jpg

天然うなぎの白焼き
安曇野のわさびであっさりと。皮目がパリパリ。
そういえば今年はうなぎの稚魚「しらすうなぎ」が豊漁で、お値段も昨年の1/5くらい。
今年の夏はうな重とか食べられるかな。







yanagiya1406_05.jpg

こっちはうなぎの蒲焼
軽く食べられちゃう。







yanagiya1406_06.jpg

鮎雑炊
体に沁み渡る滋味な味わい。素材の力を堪能できますね(≧∇≦)
〆にはもってこい☆



これ以外にも
天然アマゴの塩焼き、サツキマスのお造り、子鹿のジビエ、お浸しやお漬物、あと名物のヘボもあったかな。
とにかく食べきれないくらいのお料理がでてきて、みんなお腹いっぱい。

名古屋からはちょっと遠いけど、行く価値は十分あると思います。





柳家
岐阜県瑞浪市陶町猿爪573-27
0572-65-2102





関連記事
thread: 岐阜県 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

お取り寄せの焼き菓子 aco's 



お友達がくれた焼き菓子がとっても美味しくて、ついつい私も頼んじゃった。

神戸の焼き菓子屋さんなんだけど、女の人が作ってるみたい。
保存料とか使っていないので安心して食べられるし、こういうナチュラルな感じのお菓子は食べていて疲れないから大好きです。

季節商品の清水タンゴールのタルトが印象的でした☆


cotoでした^ ^






関連記事

海の見えるカフェでほっと一息 

cafe140501.jpg

オーガニックなカフェでモーニング☆
仲良しのお友達とほっと一息

しばらくが上洛の予定がないのでカメラがいじれない。何とかいじるチャンスを作ろうと真夜中の呼び出しに快く応じてくれた友達に感謝感謝。

そんなこんなで、上洛のタイミングをはかってます。


お花の見頃を考えながら…


さてさて、いつにしようかと考えていると、おやおやお気に入りのお店の予約時間になりそうだ(笑)




関連記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。