☆*:.。. 京都りっぷ .。.:*☆

歴史好き・グルメ好きのcotoがみた、観光客目線の京都ガイド

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

屋根裏のレストラン ラ・ターブル・オ・ジャポン 

フレンチレストラン ラ・ターブル・オ・ジャポン[ホームページ
京都市下京区高辻通御幸町西入北側茶磨屋町228番地[地図
075-361-6630



青いランプが目を引くフレンチレストランでのディナー。

シェフは長崎県のご出身。
お店のホームページも見たけど、フランスでの修行経験もあるみたい。
以前は滋賀にいた、って確か言っていたかな。

お店の中はアンティークなランプが配され、すいぶん拘っている感じ。



夜は2つのコースが用意されています。
私は¥3780のコースをいただいてきました。


突き出しのオリーブ




フォアグラのカナッペ
サクッと一口で




真サバのコンフィと九条ネギと生ハムのテリーヌ




バゲット




マグレ鴨のポワレ ハチミツとエピスの香り




八角風味のクレームブリュレ
これは自宅で応用出来そう。




コーヒーとラングドシャ



印象としてはお料理はオーソドックスな感じ。
ボリュームもあって男性でも十分お腹がいっぱいになるんじゃないかな。これだけいただいて4000円もしないんだから、とってもお値打ちだと思います


ごちそうさまでした☆




関連記事
スポンサーサイト
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

色彩をもたない清水寺 

音羽山 清水寺[ホームページ
京都市東山区清水1-294[地図
市バス100・202・206・207系統「五条坂」下車徒歩10分


kiyomizu1402_01.jpg

雪の止んだ午後からは清水寺へ





kiyomizu1402_02.jpg

舞台は立ち入り禁止





kiyomizu1402_03.jpg





kiyomizu1402_04.jpg

子安塔へは行けず仕舞い





kiyomizu1402_05.jpg





kiyomizu1402_06.jpg 

帰りの清水坂も観光客でごった返ししてました。




清水寺のcoto
奈良時代の末期、778年(宝亀9年)の開創。
「清水の舞台から飛び降りる」の語源になった本堂の舞台や音羽の滝が特に有名。
高さ15mの舞台は170本あまりの柱に支えられているが、釘が一本も使われていない。舞台からは京都市内が一望でき、春・秋は夜間拝観がが行われている。
平成6年に世界文化遺産に登録された。




関連記事
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

あつあつとろんとろん おかきた 

京うどん生蕎麦 おかきた[ホームページ
京都市左京区岡崎南御所町34[地図
075-771-4831



岡崎にある2軒の有名なおうどん屋さん。
一軒は行列していて対照的ですね。

今回は左のおうどん屋さん、おかきたに行ってきました。




お店の中は落ち着いていて、広く、寛ぐことができる雰囲気。




天とじ ¥1200
あっつあつ、そしてとろんとろん。
お出汁にはとっても拘っているらしく、天然の利尻昆布のみ使っているそうです。大きな海老も二尾ついていて食べ応えもありますよ。
寒い時はこんなおうどんがとっても美味しく感じます。



大好きな山椒をかけて味に変化を…

少し出汁が濃い気がしますが最後まで美味しくいただきました。
実は隣の行列店にも並んだことがあるんですが、ゆったりとした雰囲気でいただけるこちらの方が私の好みです。



ごちそうさまでした☆




関連記事
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

雪の銀閣寺 

銀閣寺(東山慈照寺)[ホームページ
京都市左京区銀閣寺町2[地図
市バス32・100系統「銀閣寺前」下車徒歩5分


ginkakuji1402_01.jpg

なぜか今年初の大雪に見舞われた京都に… いた私。

観光客で賑わう銀閣寺へ。



ginkakuji1402_02.jpg





ginkakuji1402_03.jpg





ginkakuji1402_04.jpg





ginkakuji1402_05.jpg





ginkakuji1402_06.jpg





ginkakuji1402_07.jpg





ginkakuji1402_08.jpg





銀閣寺のcoto
臨済宗相国寺派の禅寺で、正式名称は東山慈照寺という。文明14年(1482年)、室町幕府八代将軍足利義政により造営。
足利義政は祖父、三代将軍足利義満の北山殿金閣(鹿苑寺)にならい隠梄生活を過ごすために山荘東山殿を造営。その後、義政の法号慈照院にならい慈照寺と名付けられた。




関連記事
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

リッチな素材に舌鼓 緒方 

緒方さん、前半の記事はこちらから…


ogata1401_11.jpg
丸大根と柚子
これ手間がかかってるんでしょうね。
聞いてみると、柚子は苦みのある表面をおろしがねで取った後、水と砂糖で煮るそうです。最後は醤油で整えるみたい。
中のすじはピンセットを使って取る手間のかけよう。
料理の神髄、ここにありって感じですね。



ogata1401_12.jpg
堀川ごぼうと甘鯛の味噌漬け
土っぽさは牛蒡そのもの。すごおりを纏わせたよう。
これ美味しいな。



ogata1401_13.jpg
焼き河豚
個人的には河豚は焼いたり、揚げたりした方が好きかな。
香りにやられちゃう



〆のご飯は4種類からお好みで。
1つでもいいし、4つ全部食べても大丈夫。

ogata1401_14.jpg
さば鮨



ogata1401_15.jpg
氷魚(鮎の稚魚)のご飯



ogata1401_16.jpg
牡蠣カツ(牡蠣フライご飯)
山椒の実が効いてる。



ogata1401_17.jpg
お蕎麦



ogata1401_18.jpg
お菓子
名前忘れちゃった。
ふんわり甘さ控え目だったかな。



ogata1401_19.jpg
お抹茶



最後はご主人と奥様が見えなくなるまでお見送りしていただきました。

この日は、お料理と飲み物で3万円ほど。
決して安くはないけど、ゆったりとした空間で寛ぐことができました。


ごちそうさまでした☆







関連記事
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

リッチな素材に舌鼓 緒方 

緒方
京都府京都市下京区四条通新町西入ル
一筋目路地南 新釜座町726番地[地図
075-344-8000


ogata1401_01.jpg
京都って路地を一本入るとこうも静かになっちゃうんですね。
こちらの緒方さんも四条通りから少し入ったところにお店を構えてみえるんですが、驚くほどの静寂に包まれています。
この日は名古屋で仲良くしてもらっている姉様たちとご一緒。

予約日の一週間前には、ご丁寧に予約確認のお電話をいただきました。
コースはおまかせのみで23000円前後で提供されているようです。



ogata1401_02.jpg
姉様のリクエストでヴィマールのシャンパーニュ。
ふくよかな香りでおいすぃ~い



ogata1401_03.jpg
五島列島の鮑、大分の車海老、松の実の飯むし
厚みのある鮑と極レアな車海老。

お正月をイメージしているんでしょうね。
松の根引きと喜ぶ(昆布)だって。



ogata1401_04_1.jpg
富田林産えびいも 白味噌
しっかりしたえびいもだけど、中はほっくほく。
白味噌はもう少しすっきりとした味の方が好みかな。



ogata1401_05.jpg
長崎県阿翁浦の河豚
これも何て身が厚いのかしら。こんなの食べたことないです。


ogata1401_06_1.jpg
白子
しらこちゃん、大好き



ogata1401_07.jpg
伊勢海老をさばいてくれるお弟子さん
えびちゃん、泣いてます。
ごめんね~


ogata1401_08.jpg
三重県産伊勢海老 かぶら
蒸した伊勢海老に、出汁にくぐらせた蕪がのってる。
贅沢に半身です。
できたて熱あつ。ぶりっぶりの身が一度にとれちゃうんでもったいな~い。 蕪も上品な甘さで美味しい。



ogata1401_09.jpg
次は、ご主人が炭火でお餅を焼いてくれてます。


ogata1401_10.jpg
からすみ餅




後半へつづく…




関連記事
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

線路はつづくよ…どこまでも^ ^ 





さあ、京都へ向けしゅっぱ~つ。

実は先日の大雪の日に行く予定だったんだけど、直前にキャンセルになっちゃったんです。
天気には恵まれないワタシだけど、今回は運がよかったよ。




お昼はタカシマヤで買った「なだ万」のお弁当♪
季節ごとに内容が代わるみたい。
薄味で美味しいよ。




新幹線に乗っているのは30分くらい。
あっという間に京都に到着。

さぁお寺見に行こっと^ ^




関連記事
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

静寂に包まれた竹の寺 地蔵院 

地蔵院
京都市西京区山田北ノ町23[地図
075-381-3417
京都バス「苔寺・すず虫寺」下車徒歩5分


jizoin1401_01.jpg





jizoin1401_02.jpg





jizoin1401_03.jpg





jizoin1401_04.jpg




#地蔵院
夢窓疎石を開山とする臨済宗天竜寺派の寺院。中世には細川氏の庇護を受け隆盛。

最澄作といわれる地蔵菩薩を本尊とするところから「谷の地蔵」、また境内の竹林から「竹の寺」と呼ばれている。
一休さんこと一休禅師が幼少の頃修養されたことでも有名。現在、細川護熙元総理が描いた襖絵を見ることができます。

近くにある西芳寺、鈴虫寺と合わせて訪問することをお勧めします。




関連記事
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

庭中一面の苔 西芳寺 

西芳寺
京都市西京区松尾神ヶ谷56[地図
075-391-3631
京都バス「苔寺・すず虫寺」下車徒歩5分


koketera1401_04.jpg





koketera1401_01.jpg





koketera1401_02.jpg





koketera1401_03.jpg





koketera1401_05.jpg





#西方寺
臨済宗天竜寺派の寺院。通称は苔寺で京都市内にある世界文化遺産のひとつ。
庭は上下二段構えで、上段は枯山水式、下段は池泉廻遊式庭園となっている。庭一面を覆う苔の美しさは特に有名で約120種類に及ぶという。苔の最も美しい梅雨頃に訪れるとなおいい。
拝観には予約が必要






関連記事
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

美味の秘訣は水にあり イノダコーヒ 

イノダコーヒ 本店[ホームページ
京都市中京区堺町通三条下ル道祐町140[地図
075-221-0507


inoda1401_01.jpg
ランチには京都が誇る老舗、イノダコーヒに初訪問。
「コーヒー」じゃなくて「コーヒ」なんですね。知りませんでした(笑)
創業は1940年だから随分と長く営業をされてみえるんですね。


inoda1401_02.jpg


ハムトースト¥650とエクストラ¥560をいただきました。

inoda1401_03.jpg
パンは焼き立て。サクサクしていて美味しいかった。


inoda1401_04.jpg


inoda1401_05.jpg


実は当店の札幌大丸支店でコーヒーを飲んだ友人の感想を聞いていて、あまり期待をもっていなかったんです。

でもコーヒーを飲んでみてビックリ。
すんごく美味しいんですよ、これが。なんて言っていいか分からないけど。

今回利用したタクシーの運転手さんが言ってました。
京都は「水」が美味しいんです…とね。
当店でコーヒー豆を買ったお客さんが、自宅で淹れてみたら不味くてがっかりしたそうです。


パン屋のシェフからも聞いたことがあるんですが、どんなに美味しい粉をフランスから輸入しても美味しいバゲットが焼けなかったそうです。
原因は日本とフランスの「水」の違い。


水資源が豊富な日本だけど、大切にしなきゃ。


ごちそうさまでした☆











関連記事
thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。