FC2ブログ

☆*:.。. 京都りっぷ .。.:*☆

歴史好き・グルメ好きのcotoがみた、観光客目線の京都ガイド

蓮華寺 ~2014 紅葉~ 

rengeji1411_01.jpg

住職の法話がこころに響く

古刹 蓮華寺









rengeji1411_02.jpg










rengeji1411_03.jpg










rengeji1411_04.jpg











rengeji1411_05.jpg










rengeji1411_06.jpg










rengeji1411_07.jpg










rengeji1411_08.jpg



派手さはないけど

落ち着くお寺さんです







蓮華寺のcoto
京都市左京区上高野八幡町1
075-781-3494
叡山電鉄『三宅八幡』駅下車徒歩10分

山号を帰命山(きみょうざん)と称する天台宗の寺院。
もとは西八条塩小路(現在の京都駅付近)にあった西来院という時宗寺院。応仁の乱後荒廃していたのを、江戸時代初期の寛文2年(1662年)、加賀前田藩の家臣・今枝近義が祖父今枝重直の菩提を弔うために現在の地に移し再興したものである。
再興にあたっては、詩人・書家で詩仙堂を造営した石川丈山、朱子学者の木下順庵、狩野派画家の狩野探幽、黄檗宗の開祖である隠元隆琦や第二世の木庵性瑫らが協力した。このような文人たちの協力を得て造営されたことにより、蓮華寺は黄檗宗の様式の建築と江戸初期の池泉鑑賞式の典型ともいえる庭園をもつ寺院となった。
拝観料 \400




thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

宝泉院 ~2014 紅葉 ライトアップ~ 

hosenin1411_01.jpg

大好きな宝泉院をライトアップで…


昼間とはちがう荘厳な雰囲気

紅葉にはちょっと早すぎたけど、人も少なく、物思いに耽るにはもってこいです







宝泉院のcoto
京都市左京区大原勝林院町187番地
075-744-2409
京都バス「大原」停留所徒歩15分

大原寺(勝林院)の住職の坊として平安末期頃からの歴史をもつ。建物は室町時代の再建といわれているが、建物などの形式からみて江戸初期の再建と考えられている。
庭園として盤桓園(立ち去りがたいという意味、額縁庭園とも言う)、鶴亀庭園(建物内の格子ごしに鑑賞する)をもち、盤桓園には樹齢300年の沙羅双樹の木が茂る。近江富士を型どった樹齢700年を超える「五葉の松」は京都市の天然記念物に指定されている
坊内にある「血天井」は、関ヶ原の戦いの前哨戦となった伏見城の戦いの際に徳川家臣鳥居元忠以下数百名が自刃した伏見城の床板であり、武将たちの供養のために天井にして祀ったものである。
拝観料(勝林院含む) \1000 駐車場 \400




thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

貴船神社 〜2014 紅葉〜 

kifune1411_01.jpg

朝靄の貴船神社

8月に川床料理を楽しんだ時とうってかわり物静かな朝
貴船川のせせらぎがBGM










kifune1411_02.jpg










kifune1411_03.jpg










kifune1411_04.jpg










kifune1411_05.jpg










kifune1411_06.jpg










kifune1411_07.jpg










kifune1411_08.jpg



朝の澄み切った空気が

厳かな雰囲気をいっそう高めている

そんな気がしました








貴船神社のcoto
京都市左京区鞍馬貴船町180
075-741-2016
京都バス33系統『貴船』停留所下車

全国に約450社ある貴船神社の総本社。地域名の貴船「きぶね」とは違い、水の神様であることから濁らず「きふね」という。
社殿の創建を明記するものがないため、創建の年代は不詳。しかしながら天武天皇の白鳳6年(約1300年前)には社殿の造り替えを行ったという社伝があることから、創建年代は極めて古いと考えられる。
水を司る神として歴代の天皇の崇敬も厚く、雨乞いの神社として知られている。
また縁結びの神としても信仰を集め、平安時代の歌人・和泉式部は貴船参拝時に『ものおもへば 沢の蛍も わが身より あくがれいづる 魂たまかとぞみる』と詠んだ歌が後拾遺和歌集に収められている。







thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

天授庵 〜2014 紅葉〜 

tenjyuan1411_01.jpg

紅葉を愛でる季節の到来

とっても気に入った天授庵さん










tenjyuan1411_02.jpg










tenjyuan1411_03.jpg










tenjyuan1411_04.jpg










tenjyuan1411_05.jpg










tenjyuan1411_06.jpg










tenjyuan1411_07.jpg










tenjyuan1411_08.jpg










tenjyuan1411_09.jpg










tenjyuan1411_10.jpg










tenjyuan1411_11.jpg










tenjyuan1411_12.jpg










tenjyuan1411_13.jpg




この時期お庭しか見ることができませんが…

恵みの雨で艶やかに彩られた紅葉たち


もえるような赤に染まるのはもう少し先なんでしょう









天授庵のcoto
京都市左京区南禅寺福地町86-8
075-771-0744
市営地下鉄『蹴上』駅徒歩7分

臨済宗南禅寺派大本山・南禅寺の塔頭寺院。
1339年(歴応2年)光厳天皇の勅により南禅寺第15世虎関師錬が、南禅寺開山である大明国師(無関普門)の塔所として建立。
応仁の乱で焼失するも1602年(慶長7年)、細川幽斎によって再建。小堀遠州の案とされる枯山水の東庭、南北朝時代の面影を宿す池泉回遊式庭園の南庭がる。
拝観料\400 駐車場\1000




thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 9 | edit

比叡山を借景 圓通寺 

entuji1408_01.jpg

霊峰比叡山を望む圓通寺









entuji1408_02.jpg










entuji1408_03.jpg










entuji1408_04.jpg










entuji1408_05.jpg



盛夏に訪れた最後のお寺

蝉時雨


心頭滅却すれば火もまた涼し

とにもかくにも、京都の夏は暑いですね(>_<)






圓通寺のcoto
京都市左京区岩倉幡枝町389
075-781-1875
京都市バス4号系統「深泥池」停留所徒歩20分

江戸時代初期に後水尾天皇が造営された幡枝御殿のあとであり、幡枝小御所・幡枝茶園と呼ばれていた。修学院離宮の造営に伴い、幡枝山荘は近衛家に譲渡された。後の延宝6年(1678年)、霊元天皇の乳母であった圓光院殿瑞雲文英尼大師が開基となって寺に改め、皇室の祈願所となった。
庭園は比叡山を借景にした枯山水平庭で、国の名勝に指定されている。




thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

澄みきった調べ 圓光寺 

enkoji1408_01.jpg

京都随一と噂の水琴窟

キン、コンという音色が涼やかで清々しい…










enkoji1408_02.jpg










enkoji1408_03.jpg










enkoji1408_04.jpg










enkoji1408_05.jpg










enkoji1408_06.jpg










enkoji1408_07.jpg










enkoji1408_08.jpg










enkoji1408_09.jpg









enkoji1408_10.jpg











enkoji1408_11.jpg










臨済宗南禅寺派 瑞巌山圓光寺のcoto
京都市左京区一乗寺小谷町13番地
075-781-8025
市バス5・北8系統「一乗寺下り松」停留所下車徒歩10分

山号は瑞巌山、開山は三要元佶(閑室)、開基(創立者)は徳川家康。
慶長6年(1601)徳川家康が国内教学の発展を図るため、下野足利学校第九代学頭・三要元佶(閑室)禅師を招き、伏見に圓光寺を建立し学校としたのがはじまり。
圓光寺学校が開かれると、僧俗を問わず入学を許した。また孔子家語・貞観政要など多くの書籍を刊行し、これらの書物は伏見版または圓光寺版と称された。
当寺には、出版に使用された木活字が現存しており、我国出版文化史上特筆すべき寺院であるといえるでしょう。
その後、圓光寺には相国寺山内に移り、さらに寛文7年(1667)現在の一乗寺小谷町に移転された。
明治以降は日本で唯一の尼僧専門道場であった。当時の禅堂が現存しており、現在は毎日曜早朝に一般居士を対象とした座禅会が開かれている。



thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

額縁の庭園 宝泉院 

housen1408_01.jpg

大原や 無住の寺の 五葉の松 …









housen1408_02.jpg










housen1408_03.jpg










housen1408_04.jpg










housen1408_05.jpg










housen1408_06.jpg










housen1408_07.jpg










housen1408_08.jpg










housen1408_09.jpg










housen1408_10.jpg










housen1408_11.jpg










housen1408_12.jpg










housen1408_13.jpg



街の暑さを一瞬忘れさせてくれる静寂な空間がここにはあります。


思いにふけるにはもってこいかな☆

周りのスピードに合わせなくても、心地良い生き方があるんだなって思っちゃいますね。







宝泉院のcoto
京都市左京区大原勝林院町187番地
075-744-2409
京都バス「大原」停留所徒歩15分

大原寺(勝林院)の住職の坊として平安末期頃からの歴史をもつ。建物は室町時代の再建といわれているが、建物などの形式からみて江戸初期の再建と考えられている。
庭園として盤桓園(立ち去りがたいという意味、額縁庭園とも言う)、鶴亀庭園(建物内の格子ごしに鑑賞する)をもち、盤桓園には樹齢300年の沙羅双樹の木が茂る。近江富士を型どった樹齢700年を超える「五葉の松」は京都市の天然記念物に指定されている
坊内にある「血天井」は、関ヶ原の戦いの前哨戦となった伏見城の戦いの際に徳川家臣鳥居元忠以下数百名が自刃した伏見城の床板であり、武将たちの供養のために天井にして祀ったものである。
拝観料 ¥800(お茶・お菓子付)



thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 6 | edit

盛夏 三千院門跡 

sanzenin1408_01.jpg

あじさいで知られる洛北の名刹、三千院。








sanzenin1408_02.jpg










sanzenin1408_03.jpg










sanzenin1408_04.jpg










sanzenin1408_05.jpg










sanzenin1408_06.jpg










sanzenin1408_07.jpg










sanzenin1408_08.jpg










sanzenin1408_09.jpg










sanzenin1408_10.jpg










sanzenin1408_11.jpg


京都の夏、日本の夏


まだまだ暑い日がつづきそうですね…









三千院門跡のcoto
京都市左京区大原来迎院町540
075-744-2531
京都バス「大原」停留所徒歩10分

創建は伝教大師最澄上人が比叡山延暦寺建立の際に、草庵を結ばれたことに始まる。その後、慈覚大師円仁に引き継がれた。別名は梶井門跡・梨本門跡と呼ばれる天台宗五箇室門跡のひとつで、皇子・皇族が住職を勤めた宮門跡である。
明治維新後現在の地に移り、名称は明治4年法親王還俗に伴い、梶井御殿内の持仏堂に掲げられていた霊元天皇宸筆の勅額により、三千院と公称されるようになった。
大原の地は慈覚大師円仁により中国山東省「魚山」より伝えた天台声明(仏教音楽)発祥の地であり、「念仏」による祈りの里として往生極楽を願う人々の憧れの里となってきた。
拝観料 \700




thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

葵祭間近 下鴨神社 

simogamo1405_01.jpg

流鏑馬神事が開催される、朝の下鴨神社。

新緑が眩しい。









simogamo1405_02.jpg










simogamo1405_03.jpg










simogamo1405_04.jpg










simogamo1405_05.jpg










simogamo1405_06.jpg










simogamo1405_07.jpg










simogamo1405_08.jpg










simogamo1405_09.jpg


沈黙に守られた朝の静寂が好きです☆








下鴨神社(賀茂御祖神社)のcoto
京都市左京区下鴨泉川町59
市バス4、205系統「下鴨神社前」徒歩2分

正式には賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)という。京都は鴨川を中心にまちづくりがされており、鴨川の下流の神社ということから「下鴨さん」などと親しまれている。
ご祭神は、賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)と玉依媛命(たまよりひめのみこと)。
当神社の歴史は定かではないが、崇神天皇の7年(紀元前90年)に神社の瑞垣の修造がおこなわれたという記録などから、創祀は西暦紀元をはるかに遡るものとみられている。
平安時代には国と京都の守り神、また皇室の氏神さまとして特別の信仰を受ける。式年遷宮や斎王の制度などがさだめられていた特別な神社であった。そして『源氏物語』や『枕草子』など文学に登場するように、この時代の文化・宗教の中心地の一つとして栄えていた。



thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

風情ある茅葺き屋根 法然院 

法然院[ホームページ
京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町30[地図
075-771-2420


honenin1402_01.jpg

浄土宗開祖、法然上人ゆかりの寺





honenin1402_02.jpg

白砂壇(びゃくさだん)

水を表しているそうです





honenin1402_03.jpg





honenin1402_04.jpg





honenin1402_05.jpg





honenin1402_06.jpg

水を表す砂壇の間を通ることは、心身を清め浄域に入ること意味する。





法然院のcoto
浄土宗開祖、法然上人ゆかりの寺。
法然上人が讃岐国に流罪の後荒廃するも、知恩院第三十八世萬無和尚の弟子により現在の伽藍の基礎が築かれた。
通常伽藍内は非公開だが、毎年4/1〜7、11/1〜7の年2回一般公開を行っている。
3月下旬から4月中旬の椿が有名。




thread: 京都 | janre: 地域情報 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit